インフォメーション

今年はイベントの数は削ろうと考えてます。

それが無くなってしまったら、多分つまらない人間になるんだろうなあ、
という感想がここ1年であったりします。

だけど自分に嘘が付けないのも事実よね。

さて、願いましては・・・ってトコやねえ。
仕方ない。仕方がないから、頑張るしか無い。

平日は昼間に制作、
夜はどっかで打ち合わせとか人に会ったり、
深夜はDestiny2とDivision2とwarframeじゃ~~~となっており、
遊ぶ時間を確保するとこういうところに気が利かないな、と思っている俺です。

warframeをntnyに誘われてまた調べるところから再開したんですけど、
ここ最近のゲーム、「一通り遊んで放置してコンテンツが熟成するのを待つ」みたいな楽しみ方に、
自分はなんとなくシフトしてんな、とか思う時があります。

開発としちゃーずっとやらせたいんだろうけど、
1つのゲームばっかりやってると、他のゲームというか、
新しいインプットができなくなっちゃうんだよなあ、と思いながら、

一つ一つちゃんと飽きて、一つ一つちゃんとプレイして、
また改めてやった時にちゃんとやってあげて楽しいなあこれ、
ってなるのが今は健全なんだろうなあと思いました。

娯楽が増えすぎてて時間もなくなっちゃうご時世だからね。
うまくコンテンツと付き合っていきたいところ。
音楽ゲームとかも真面目にやると昨今は1つ追っかけんのが限界すぎる・・・

今日の深夜はDOOMと濃厚接触する予定です。
DOOM ETERNALって要はDOOM2だよな???地球だよなあの話????

2020-03-13 00:48:37

いやそりゃそうなるよな

この1年~2年かな、で感じていた事を落とし込んでもらったというか、
まあ本人はそんなつもりないんだろうが勉強になったというか。

人の価値観は上がっていくし、人の取捨選択は増えていくんだから、
そりゃそうなるよなという話の落とし所が見えたというか、そういう感じでした。

特にこの1年でインターネットの人付き合いは変化したし、
みんなネットの顔とリアルの顔、きっちり使い分けるようになったんやなあ、と。

俺にはそんな器用な真似無理だな、と。
やれることやっていきましょう。
ただ、無理してやってたことはやらないようにしていかないとね。

そりゃなあ。

2020-02-20 03:10:13

2日間

仕事と更新で36時間椅子に座ってキーボードバチバチうって、
マウスカチカチずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとしてたので、
マジであんまり書くことが無いからtwitterの更新でも貼っておきます。

1・WARSやるよ
関西は5/16
関東は5/23だよ
よろしくね

2・works.afterってCD出すよ

http://diverse.jp/dvsp-0239/
つかれたひとにおすすめだよ

以上だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

karasu「RSSで流れてくるから、急にどうしたんだと思ってた」
439「そんなシステムありましたね・・・」

「いやー誰も読んでないからスレスレまで行くか」なんて思ってたんですけど、
そういやそんなもんマジであったし使ってる人居たんだなって思いました。
RSSって文化も長いよね。

昨日

昼から六本木。Ryu*ちゃんに会いに。お久しぶりですね。
Ryu*ちゃんと僕は虎ノ門港屋仲間だったんですが、
そこは惜しまれつつ閉店してしまったので、それ以降実はあってなかったんすよね。イベント以外で。

で、港屋3が虎ノ門マスター監修でいるから一緒に行こうと言う話になり、
場所は乃木坂で集合に。

いや、メルセデス・ベンツの敷地内にあるとか聞いてないし、
お値段もメルセデス・ベンツ級でしたよ。立ち食い蕎麦なのに。(1200円)
まあ、場所とか考えたら当然かと思いつつ、パワフルな蕎麦は美味しかったです。
流石や・・・立地まで流石や港屋・・・

その後は元コナミのビル下のスタバで色々談義。
話せば話す程Ryu*ちゃん曲のコンポーザーってより、根っからのゲーマーなんだなあ、
と思うことが沢山。3時間程界隈取り巻くお話とゲームのお話。
10年で1/5の店舗しか無くなったこの世界は果たしてどうなるんでしょうね、という。
それでも生き残ってる所は本当に凄いね。
とりあえずsatisfactoryは眺めてると面白いのと、
e-sportsの見た目はgranturismoが一番ちゃんとやってる気がするという話をしました。
モータースポーツの文法そのまま持ってきてるからつええんだろうなあアレ。

お別れして一路銀座。
今度は有馬さんに会いに。物を渡してからカメラのお話を軽く。
ひょんなことからアルファが手に入ったので、
レンズを色々見てるんですが、知見として教えてもらったのが、
メルカリで回すといいですよ、というお話。
色々試して自分に一番あったレンズを使うといい、とか。
なるほどなあ・・・・

レンズの保管については速水君から「タッパーと乾燥剤」という、
非常にありがたい知見を得ました。防湿庫って単語たくさん見たのに・・・

お別れして次は懐かしの湯島メンツとごはん。
いうてもましゃおくんはこれなかったんだけど。
karasu君の思慮深さと<S>あのなんとなくウザい感じがして最高なあの雰囲気</S>は相変わらずだし、
みやこちゃんのあのほんわかっぷりも相変わらずでした。
みんな元気そうでよかった。
人間強い力に守られて生活するとだんだん虚無になりがち。

お別れして帰宅して、工場の面倒みて作業するか、
なんて思っていたら突如強い目眩と吐き気に襲われたので、
そのまま就寝。

今日は締め切りが縮まったものが幾つかあるのでちょっと頑張らないといけない。がんばります。

腕立てすると腕周りめっちゃ熱くなるんすね。今熱いです。
事務作業に追われてる日々が続いています。
何の仕事してんだって言われたら基本的に表に出ないタイプの仕事しかしてないのでかけないアレです。
いつかちゃんと実績になるといいなあ。

今日、twitterに「楽しそうにやってるやつが一番ゲーム上手いと思うよ」という事を書いたんですが、
昔さちるにそう言われたことあったんだけど、最近はそういうゲームプレイもしてないなー、と思ったので、
ちょっと配信とかで大騒ぎするタイプのゲームプレイしてみようかな、
なんてなんとなく思ってます。配信環境から考えろって話なんですけど・・・

積みゲーからきちんと並べないといけないんだけど、
これが出来るのは果たして何時の日なんでしょうね、ホント・・・

忙しいとすぐこーなる~~~~~

というわけでちょっと明日まで待ってくれ。明日はコミティアです。

タイトルが長い

土日ゆっくりさせてもらってさあやるぞ、と思ってたんですが、
日曜しっかり深夜まで作業してたので、
起きたのは10時頃、そこから作業して事務所。
事務所で名刺等回収して打ち合わせにGO。
新規案件さん多いのありがてえけどやること増えたねえありがてえ。

打ち合わせ済んで新宿。時間は夕方。
新宿で作業するぞと意気込んで、
ネットワークが優秀なカフェを探そうと30分、
結局最初に混んでいたスタバに行くというそういうオチでした。あのさあ。
で、写真あげたらエージさん来たの笑っちゃった。すごいエンカウントだよなあ、と思いつつ、
よく考えたら「そもそもtwitterのフォローあんだけいんだから誰か居てもおかしくねえな」ってご時世だなと思いつつ。

その後は三橋と打ち合わせ・・・という名前の人生話してました。
いよいよ、手を動かさない時の事を考えないといけなくなってきたんだね、我々は。という話。

しかし、2018年頃から急に世界がこっちの方向いてきたのはなんだろうね?という所はあったり。
インターネットがもたらした利益か、それともこんな辺境までリソースが必要になってきたのか。
そりゃまあ、どっちでもいいんだけど。お仕事ありがたいし。

帰って日課のdestiny2やって、
イザナギクエストのピラミディオンがどーやっても無理なのが判明したので、
異端の奈落を滅ぼして今から不貞寝します。

明日朝起きて頑張る。許して。

2020-02-01 17:51:11

やっと抜けている週末

金曜夜から土日にかけて、休むと決めた(というか家に居る用事にした)感じで、
とりあえず今日は1日コンビニと家の往復が1度あっただけで、
家にずっと居ます。いや、1月の休みがほとんど無かったんでまあ許して下さい・・・・

自宅では部屋の掃除とかゲームとか、
あとは今後のどうするかを考えてたりでした。
やれば終わるものが多すぎてもやる気にならないところは本当になんとかしないとねえ。一つ一つやっていかないと。

公募の審査も大詰めです。
もうちょっと考えたら連絡して発表しようかな、という感じ。

M3、果たしてどうなるかなあ。

10年前の話と親の大事な話が一緒にやってきちゃったもんで、とてもココにかけねえよって相談を受けて、
ここの更新を忘れるぐらいに気が動転して本日1日が過ぎておりました。

許して。

週末。
スキーいったりなんだりしてたんですが、書くと多いというか自分ルール的に日が経ってしまったので割愛。
10年ぶりぐらい?のスキーは体が覚えてました。
アルコール依存症の時にスノボいったのかな、スノボのやり方覚えてるな・・・でもやった記憶がない、
そんな感じをゲレンデで持っていました。内股死ぬほど痛い。

さて、件名なんですけどこの時間に良く考えがちな事を適当に叩いてるので多分今人生に不安なんでしょうけど、
なんとなく「昔チヤホヤされすぎたのが原因で、そっから成長してねえんだろうな」ってのが解ってるトコで、
自分の不安感は恐らく自分への自信のなさから来てんだろうな、ってのは思っていて。

インターネット、つい先日までは承認欲求オバケ、みたいな話をしていましたが、
ココ最近は自己肯定感の話が増えてきたなー、と思ってます。
僕も勿論その罠にハマっている一人かな、なんて思っているんですが、
とかくここ10年、他人とは散々向き合って来たんだけど、
それをしすぎたせいで自分のスキル1つ、何も向上してねえんだな、っていう所に気づいて。
と、なるとまあ年食ったオッサンの魅力も何もねえなって考えるとこれはまあ老害になってるなー、という事になったなと。

じゃあここまで気づいたら後は自分の為に何ができるかを精査するだけなんですが、
それをするには仕事で忙殺されていて、
で、これが面白いのは僕管理とか振ったりが今の仕事メインだったりするので、
それって正直「いやそれはスキルいらんやろ」ってヤツだと思っているので、
自分に何もないまま忙殺されていくんですよね。

で、まあそんなヤツと遊んでくれるというか、
「忙しくてスキルが無いヤツ」というタイプの人を、
人は誘ってくれるわけなくて。

ってなっちゃうとまあ自分から構われに行くしかないんですけど、
それもメンタル使うんすよね。

さて、どう振っていくかなー。
いよいよ自分に向き合えよ、って事なんでしょうけど、とは最近思っています。

同じような事は何年も何年も思っているんですが、
人が居ない所に慣れないと・・・ね・・・

前に行ったのか。
それとも、置いて行かれたのか。
どっちでしょうね。

起床から体がめっちゃ重くて起きるのに1時間もかかったり。
PCの前に行くと案件がなかなか一気に来ていたのでその処理をしていたらすっかり夕方に。

今日は池袋でNhato、MK、12dというメンツでサウナオフでした。冬の打ち上げともいう。
そもそもコミケの打ち上げ的なヤツではあったんですが、
なんかサウナ行こうぜみたいな話になって、
サウナ行くなら専門家にみたいなところがあってMKさん召喚。
で、かるまる行ってみたいねということで今日この日にという。

かるまる、設備がマジで強すぎる。良かった。
サウナ初心者というかある意味サウナブーム後、
「整う」なんて単語が出る後で、きちんとサウナするべみたいな気持ちで行ったのが今回初だったので、
非常に色々楽しめてよかったです。水風呂とサウナ往復4セットはした気がする。

だけど、だけども。
水風呂10度はやりすぎだと思います。
入っていく連中が全員凄い顔してたから追従したんですけど、
ものすごい顔になっちゃいました。なんだあの殺人水温は。

でも次回いったらまた入ると思います。良かったです。

整った後はラーメン食って時間も時間なので解散。
時間も時間というよりは、サウナでゆっくりしすぎたからなんですが・・・

明日も打ち合わせが2連。今月凄いなあ。



まあ、リハビリ期間みたいなものだから仕方がないね。
Twitterと違って完全に適当に脳死で文章書いているもんだから、
一歩間違うと危ないこと書きそうだなあと思いましたが、
仕事に支障が出ない範囲はもう書いていくか昔もそうだったし、
というそんな気持ちで今コレを書いています。

起きる前の深夜はworks.10の審査をしてました。
審査作業、本当に特にworksは難しく、
マジで作業しはじめてから落とすということも結構あります。
案外一番審査厳しいかもしれませんねこれ。

起きたあとは一通りのメールを返したあと、
事務所に行って郵送物の整理と役所周り。
夜はDiverseのWEB周り改装の打ち合わせを大盛りに。

いやホントは去年やりたかったことではあるんですけどね・・・
後手に後手が周りゴッテゴテにマジになったなので、
仕切り直しでの今年やりたいねになりました。
海外絡むと税金周りとかも色々変わるけどこれは乗り越えて行かないとね・・・

明日はサウナです。
サウナの前はちょっとがっつり考えをどっかでまとめたい。
先週今週マジで情報量が多い。

が、タイミングが一斉に重なると色々思う所あっちゃうよね~~~

伊藤を営んでいます。本日の日記です。

月曜日はメールが多いのでその処理から。
その後は浅草にましゃお君に会いに。今年の抱負というか進行の話を幾つか。
雑な蕎麦くおうと思ったら店が混んでて福しんに行ったり。何年振りだよ。
ぎょうざ60個で1400円程度という知見が得られました。
しかし日高屋よりニンニクが強い気がしたぞ。気をつけろ。

今年の進行とお願いとを色々話してお別れ。
そのまま美容室。目に髪の毛入りすぎてて生活に支障がでたので、
久しぶりに髪切ったりとか。
そのまま本日の次の予定の時間になったので、
新橋の方にDDR系の飲み会に。

幾つになったって詐欺難易度の水掛け論は楽しいよな!!!
我々こんなことを20年以上続けていますという楽しい気持ちで解散。

帰宅して、Raid初制覇でご機嫌のdiscord勢を尻目に、
WISEさんを囁きに突っ込み、
works.10とworks.afterを締め切り、
今は有馬さんと会話しながら作業中。

良い1日デスね。今日も。

2020-01-20 01:00:48

18,19と。

気を抜くとサクっと抜けますが、まあ全部の日付書く必要もないよなと思っているのでゆっくりやることにします。
そもそも「ゲームだけしてました」という日とか、
仕事だけしてましたとかそういう日もあるので、書くことがないよね・・・いやゲームの話かけばいいか・・・

18日は夜に散々Destiny2のRAIDを堪能した後、
起きてDDRのエリア決勝見てきました。
俺このゲーム見て20年以上立ってるけど、よく考えたらこういう単品催しの公式イベント行くのめっちゃ珍しい気がする、と思いながら行ったら、後で考えたらショー以外では2回目でした。
信仰心が低い気がする。

DOLCE.君の引きの強さが目立ちすぎた大会というか、
流石、持ってるもんあるなあ、っていう。
予選じゃなくて440どこまで出来るか大会はある意味良い足切りだったかもしれないすね。
勝った大島さんはおめでとうございました。
やっぱ一人だけ次元が違う感じがあったというか・・・

その後はWARS2020 WEST / EASTの打ち合わせでした。
色々新しい方向性に決まってよろしいんじゃないかな、と思っております。
手を離すことは多少覚えないとね・・・

帰宅して何故かゲームをやる日ということで、
夜にドラゴンズクラウン買ってきて井上と2人でプレイ。
ヴァニラウエアといえばここ最近十三騎兵が話題ですけど、
今見ても相変わらずとんでもない動きしてるなあ、
つーかナレーションだけで声優複数人用意するのバケモンだなあと・・・
結局深夜までやってた気がします。
今やると色々感慨深いゲームやね。

あけて19日は上野動物園に散歩いったりしてました。
カメがいいなあとか漠然とした感想。
いやー俺もああいうふうに陸の上だとなんも動じない割に、
水の中入った瞬間おおはしゃぎするような人生になりてえ。

帰宅して初心者だらけのDestiny2 Raid大会やって解散。
時間が溶けるなんてもんじゃない。なんだあれは。
救済の庭園とか言ってるけど何を救済してくれるんだ。

今日から毎日打ち合わせぶっ通し週間。頑張りましょう。
キャパシティーあげてーーー


前から薄々感じてたんだけど、コレに尽きるなあと思いました。
ちなみに、もう一つ得意な事はゼロの基準値を変えることです。
だから天井があるゲームじゃないとできねえんだよな。

与作です。本日も日記をお送りしたいと思います。

起床から本日はラウンドワンさんに打ち合わせ。
今年のWARSのお話ですね。年々ここに来て規模が大きくなっている気がしますが、
昨今のe-sportsの認知の流れに寄るものなんかなと思ったりしております。
(色々思う所はあるけどそれはここで言ってもしゃーないので割愛)

で、打ち合わせも済んでがっちゃんと今後の話。
DDRの話だけかと思ったら人生レベルに飛び火するなど活動が多岐に渡りましたが、
上手くやってけたらいいなあと思いつつ。いや、やっていくんだけど。やるしかないし。

ソレが終わったら新宿に。
イラストレーターの方と1件メシ。
年末年始の様々なことを話つつ、なんかいけるいけるいけるやれるやれると、
後は確定申告の話しかしてなかった気がする。確定が深刻。
うちもそろそろやらないとなんだよな~~~ヌァァァァァァァ

そんなこんなをしつつ、帰宅してお風呂はいって、
いい加減開けてなかった荷物をあけながら今日の事務作業と日記を。
この後はいじってない機材いじるんだ~というところでちょいっとワクワクしております。

この部屋も要らないものが増えてきた気がするからなんとかしないとなあ。

昔みたいな書き方してみようかな。

昼頃に起床。見えていた予定があったのでそれまでは机の前でバシバシと色々。
当たり前なんですがDEMOチェックって案外時間食うなあ、というのを最近実感しております。きちんとやるべきところ。
何度も聞かないとかなり抜けるんですよね。あと体調とか耳の調子にもよって感想は変わるので時間かけないといけない。
簡単に判断出来る所だけひっかかってくれればいいんだけどそうもいかず。
なんせみんな音いいから最初は「いやいいんじゃない?」で通しちゃう、
後になって気づきましたじゃ誰も幸せにならないからね。

昼過ぎに入電、1個予定がキャンセル。
せっかくなのでそのまま作業続行。ついでに幾つかの発注。
上手くいくといいですね。

夜になったので予定されていた飲み会。
よしき、焦茶、有馬という知識量だけで俺の100倍あるであろう3人とセットですよ。基本聞き専の構えで参戦。

蓋を開けたらよしき君が一生喋ってました。何なんだこの人の知識量は。
「アンサイクロペディアと言えばベトナム戦争」
「竹さんのイラストは本当にヤバい」
「陰キャをなめんな」
「いや攻撃力たけえ陰キャと低い陰キャがあるんだよ、
 攻撃力たけえ陰キャは防御力低いのが世の中のバランスだよ」
「おばあちゃんが夏場に作り置きしているハイボールがこちらです」
「どんなおばあちゃんだよそれは」
「ダンゴムシの原価が高かった結果、小さくなったんすね」
「キーホルダーの球とこれ中に入ってるパチンコっぽい球同じじゃん」

今度はれおえんくんとまだ会ってないしおんさんって人にも会ってみたいなと思いました。動機は不純です。
つーか焦茶マンは本当に口が悪いな。最高。もっとやれ。

3人とお別れして、僕はDDR系のオッサン共が集っている飲み屋へ。
Bugさんが49歳にして鬼ヴァル越えたとかいうから、
流石に一言おめでとうを言いたかったというか、そんな感じで。

到着したら出来上がりフェスティバルなおっさんどもがたくさん居ました。
メンツはBug、おいやん、かず、COH、321、U-ki、Nana、かむい。
かむいが居るのふつーにスルーしてたけど貴方京都の人でしたよね・・・

なんで321さん、一生gentle stressとか5keysのお話してたのかが謎です。
もう令和ですよマジで。gentleのメガネは上に上がるんじゃなくて下に下るですとかgentle警察してました。昨日発足の警察ですが先程すでに解散済みです。

昔話がメインなのはおじさんばなしの常ですが、
こういう話してると昔の連中でプライベートな筐体用意して、
ワイワイやりながらDDRしてえなって思うときはあります。
筐体は4thぐらいで。いいよな。出来るよな。

あ、そうそう。
U-ki君ちょっと飲む量気をつけなよ、とは依存症からのアドバイスとして書いておくね。
気をつけなよ~~~~

popcornの話しながら解散。オレオレオレスクラッチデキルンデス カカコーウ

帰宅して、ちょっとDestiny2の日課を回す。
いや、あのさあ。炉のレジェンダリー10本とか言い出したやつ怒るからそこに座ってくれ。
5週間かかるのはどうなんだよ。

ヒロワタさんからのDEMOを確認しながら調べ物。
今日は3時に寝れたらいいな。









2020-01-15 05:23:06

ちょこっと。

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくとかはいいんだ、こんな所にコレを読みに来ている君が健やかで居てくれればいい。

いつまで続くかわからないがちょっと日頃の事を昔みたく、書いてみようと思う。
色々書けなくなってしまった事、書けなくなってしまった人があったりなんだりでもう細かくはできないけど、
昔のここは大分赤裸々に色々書いていたね。だけど楽しくやってた気がする。
今が楽しくないわけでは勿論ないのだけど。質が変わったねすっかり。

さて。

朝方起床・・・といっても昨日の疲れが残ってしまっていて、
実際に起き出したのは11時。
その後色々やってから事務所に行って書類の整理とメール連絡1回目。
来客に対処しつつ夜も知人とメシ。肉。
まあ、厄払いは行ったほうがいい。
それとフラグ折り放題はなんとかしろ。
という話をした気がする。

帰ってきて、知人のサーバー周りと片付け、
DSADの仕込み。仕事メールとか終わらなかったのをマジで一掃。
今日夜やろうとおもっていたworksのチェックバックは残念ながら寝て起きて、かなと。

ルーターを入れ替えてみたのだけど、5Gの効きが凄く良くなっているのを感じています。
いや、前はこんなに通らなかったんだけど、

明日は日中は自宅で事務作業かな・・・夜はへんなメンツで飲み会。
一生喋ってる人が一生喋ってるからそれずっと聞いている気がする。

2019-12-04 02:13:02

配信会社調べてるまとめ

・まずまあ言える事
値段決められるTunecoreは凄いぞ

・CDBABY
なんだかだ老舗だし安さはあるのでいけんならココがいい気がしている
copyrightsの設定が厳しい(First Name / Last Nameの設定が必要)
サーバーが凄い重い マジで重い ハズレひいたADSLぐらい重い

・LANDR
安い
脳死ならここでいいんじゃないんですかねやすいし
値段は決められない
サポートが遅い気がする
値段決められないっていうか26曲を1500円にするなお前は

・Tunecore
アルバムの値段2000円以上にしたくて、
お手軽なのここじゃねえかなって気がしてる
日本語はいいぞ、日本人よ。

・DistroKID
コンピが配信出来ないのでそこで俺の旅が終わった

2019-11-22 04:40:09

定期近況報告

twitter更新してるとfacebook書いてること無くない?
それともなんかこう長文書くクセが減ったのか。現にblogも止まっているしなあ。

というわけで珍しく深夜に近況を書いておこうとパチパチしてます。
いや、正確にはデータ待ちを諦めて寝よっかなーでもどうしよっかなーという、
そういう時間で今叩いてます。そんな事をする暇あるならメール書けと言われそうですが、
うるせえ黙ってろという気持ちです。

1・いい加減にその抱えてるタスクを減らせと言い続けられて三千里が経過しました。
いや、1件1件時間かかんねえんですよ。殆どの場合手作業するのボクじゃないんで。
ですが製作進行で頭の切り替えがヘタ過ぎて色々回ってない現状で、
どうしようもないところは結構切り離してやってます、が、増える方が多い状態です。
どういう事だ。
現在一部の企画を新しく始める予定とかでそういうところをすっごい手間削るシステム作ってます。

2・音ゲーはまあそこそこ
「ヘタにならない程度にやる」をもう5年続けてます。ヘタになってません。やったね。
ですがまあやる機種は減ってもうDDR以外はがっつり触ってない、という状態です。
beatmania IIDXが偶にやるかなー程度です。1作50回以下。

3・FPSは部活として
最近は22時~24時は音ゲー系の知人と遊ぶという時間を持つということで、
何故かDestiny2をみんなでやってます。
覚えておいてほしいんですが口汚い人とうるさいヤツがいるとFPSの身内対戦は楽しいです。
強い奴は弱い武器つかってナーフするとかできるんで。ね。
もう数ヶ月みんなとプレイしてますがPvPが段々勝てなくなってきました。いやー凄い。

4・ちゃんとしろって内容が増えてきました。
同人と商業の境目マジで無くなってきたなあという感じです。

5・元気かどうかでいうと
「そんな事言ってる場合じゃない、手を動かせハゲ」という感じでボクは元気です。

以上、近況報告でした。

2019-08-16 10:04:01

コミックマーケット96

・4日間はちょっと負担デカすぎる気がする
・南は最高、但し、狭くなければ。
・南と西は行き来がしやすいね。東が復活したら皆の動きはどうなるんだろう。
・企業ブースは行ってないからわからない。どうなったんだろうね。
・あ、俺まだコミケ好きなんだなっていう事がわかる事がありましたのでそれは良かった。事件性があることへの感想だけど。
・冬も宜しくおねがいします

2019-08-04 22:37:01

道理ぐらい守ってくれ

数少ない決まりごと、が道理だと思ってんだけど、
それすら守れないから怒られるんだ、それぐらい守ってくれ。

と、いうのは思慮が浅い結果だろうなあというはここ最近覚えます。
経験量と思考量が一致してない割に、外からの情報量がめちゃくちゃ多いというか。
そういや昔から複雑なゲームは苦手だったなと。

別に凹んでるわけじゃなくて向き合おうって話っす、という感じ。

しばらく経ったしここにちょっとだけね。
何を言いたいかはまとまってないから深夜のボヤキと思ってくださいな。

WARS.2019、ご来場くださってありがとうございました。
あのゲームとの付き合い方もすっかりこの数年で定着したといいますか、
僕の中では「上手くならなくてもいいゲーム」になってます。
これだと上昇志向がないかと思われますが、
まず、自分なりに「楽しむを消さない方法」だと思ってるので納得はしています。
一度天井を見れてその後挫折もして、人生で経験なかなかできないことを、
全部やらせてくれたゲームですから、最後の「楽しいと思えるところ」は自分なりに残したいのですよ。

じゃあ、WARSは何かというと、
僕が偶々辞める理由なく続けたらきちんと残ってくれた、
「ゲームを一線程しなくなった人でも楽しめる場所」だったりします。
これも偶々そうなってくれただけなんだけど。

がっちゃん(gahou)のお陰でかなり新陳代謝は起こってくれたし、
彼がやるからこそいろんな人が見に来てくれるようになってるよな、というのと、
今になって「じゃあ関西でも」とか意味不明な熱量になってたりするので、
なんなんだろうね、という感じがあります。いやマジでなんなんだよ。
こればっかりはあのゲームはゲームが上手い人だけでなく、
そういうところまで恵まれたんだなあと思ってます。
ほんと運がいいねえ。あのゲームは。1回開発止まったりしてんのにさ。

僕はイベントをやるときは「惰性で」と言い続けています。
コンテンツの芯の部分を楽しむ、その楽しみ方を知っている、
そういう人を相手にしたルール作りや大会運営を徹底的に考えたら、
あとはそこにのっとって最小労力で、
「何か不幸なことがあったときに、それでも続けようかと言える程度」の、
そんな労力で運営することを考えています。
「惰性」っていうと変かもしれません。
ただ、現状「イベント」は「スペシャルでやり続けると地獄」なので。
あくまで「イベント」でも「ノーマルな感じで」というのが大事だと思ってます。
勿論スペシャルな奴は覚悟して面倒被りますけど、そりゃあスペシャルですからね。
ノーマルないつものイベントって帰る場所があるからできるよね、って話です。

まあ、アップデートは必要だけどね。毎回それが義務じゃねえよって話。
自分たちが思う最適解があればぶつけ続ければいいだけで、
それとコスト+メンタルコストを考えなよ、っていう感じです。
イベントは人のため、なんていうけど僕はそこは逆の考えで。
まずは自分の為、自分が楽しめずに来た奴がエキサイティングするかよって話で。
自己中ですがイベントもゲームも自分楽しむが最優先ですよ。
主催が楽しそうにやってないイベントやゲーム、
誰が行こう、やろうと思うんだっていう。

WARSもそんな感じで。
労力、がっちゃんと俺の実時間で5日分って感じです。
そのうちページ作ったりエントリー管理したりがトータル3日分。
当日の支度が2日。計5日。
あの規模のあれだけの大会は、この労力感でできてます。
それでやれる理由は素直に「惰性でやり続けた経験」と言い張ります。
昔は1か月余裕でかかってた。メンタル的にも物理的にも。
それが決まり事まとめたらこうなった。
エントリーの受付方式とかあの辺もう19年以上変わってないよ。
アップデートするところとしないところを分けた結果、
上手くミニマルにまとまったという感じなのかな。

そんな感じで、今後も、「惰性で」続けていくと思います。
毎日全力で、なんて言っていても生憎昔と違って他に抱えている物もある。
すっかり無理無茶すると怒られるようになってしまったのでそれも難しい。
ってことは、ある程度の労力で全部見ていくのが一番かなと。
1度何かを止めることも考えたけど、それは残念ながら性分だからできなかったよ。
ゲーム自体もまだ続けているのはそれが理由かもしれないね。
帰る理由がまだあそこにあるんだろう。
そんな物を持てている人生なのは幸せなのかもしれない。

ゆっくりと何となく上達したり、下手になったりを繰り返してこれからもやっていこうと思ってます。

連続更新をしてた数年前がもう懐かしいなあと。
すっかりtwitterに食われちゃったなーという感じです。
最近はtwitterでもあんまり言うこと無いしね。

と、言うわけで色々とただただ当たり前の生活をしております。
ヒトのよしなしごととか、そういう物をただ当たり前に流すような。
流量もそこそこ増えてきておりなかなかおもしろい生活にはなっておりますが、充実はしてるかと思います。

社会のルールを最近考えることが増えてきました。
アウトローだった自分からしたらかなり考えにくい事なんですけど、
それでも結構直面もしちゃってるのでなんとかしないとなーという所もあり、
制度とかルールとかそういうヤツ調べる毎日です。

今年は、色々「変えなきゃいけないこと」が多そうです。
つまんなくなったらごめんな、と思いつつツケを払うときが来たようで・・・

2018-12-23 01:09:06

fig.シリーズのお話。

偶にはこっちにDiverse Systemの話書いておこうかな。思い立ったので。

今回はfigシリーズのお話。
記憶が既にあいまいな部分も多くはあるんだけど、
最初はTaiyo Yamamoto君と良く夜にジョナサンで会話するようになった時に出た話で。

もともと、「ケツ持ちのデザイナーに、偶にはサウンド側振り回すような事させてあげたいよね」という話から生まれ、
じゃあデザイン先行で、タイトルはどうしようという所で、
こういう時にジャストアイデアかましてくるTaiyo神が「fig・・・ってどうっすかね」って言って決定しました。

もっとも、このfigってタイトルははるか昔に、
DOWNFORCE RECORDSが使ってるタイトルで。
この時ミノシマとtatsに「使っていい?」ってスジ通しにいった記憶があります。
彼らは先に生きてんな。

そんな感じで始まったfigシリーズなんですけども、
初めて見るとこれが面白い。予想外というか、出てくる僕も頭をひねる物が多く。

Diverse Systemは「僕が聞きたいもの」から始まって「いいものが聞きたい、いいものが見たい」と、
価値観を許容していく方向性にポリシーがその時既に変化していたので、
この企画は僕が主軸ではなくデザイナーが主軸。
副題もデザイナーがつけるのは勿論、
デザイナーがサウンドクリエイターを指名する、
ジャケットの見える範囲にDiverseSystemのシンボルロゴ + figと副題が入っていれば他の要素は無くて良し、
なんならインレイの見える範囲内からトラックリストも消していい。グラフィックを阻害する。
そういうのは帯に押し込め。帯のキャッチフレーズは副題の意味のみとする。
ってなると文字置いていいのは帯裏ぐらいしかねえな。すまん勘弁してくれ。

という感じに。

また、サウンドクリエイターにお知らせする内容は、、
ジャケットの表及びインレイの表側(ケースの裏から見える良くトラックリスト書いてあるところ)と、
副題の意味のみ。
後はお前が考えて感じろ、此方からは何も言わないし言えない。
他に誰がいるとかも基本的には内緒。
デザインと一対一で向き合え。クオリティに文句は言っても方向性には文句言わない。

そういったルールで制作されてます。
ちなみにWeb Designerにも同じルールで投げられてます。容赦ないですね。

いつもサウンドに振り回されてきたデザイナーが「自由に考えれる」という事で、
デザイナーさんいつもと違う風に悩んでくれているのか、
様々なデザインが今まで出てきました。
ただいま5作品出ていますが、一人ひとり、本当に方向性がバラバラで面白いです。

そして、何よりも投げられたサウンドクリエイター達がもの凄い悩んでくれて。
これは人間だからだと思うんですが、
音からデザインを見て、言葉を見てはもちろんなんですが、
特に「その人自身の事を考えているかどうか」でかなり変わってくるのがわかりました。

figは僕がサウンドを指名しない以上、今までにDiverseに参加してない人はもちろん、
「この人いけたりしませんか」とデザイナーたってのお願いで、
同人界隈にいない人まで声がかかる場合があります。
お願いしていけるかどうかは正直博打なのですが、Diverse知らない外側の人も入ってきます。

そんな、そのデザイナーの為に集まってる人たちですが、
そのデザイナーを個人的に知っているか/知っていないか。
親しいか/そうでないかまでで音楽が変わってきます。
マスターを聞いててそう思う事は多々あります。
誰に向けて書いているかが如実にでるというか。
変な表現ですが生きてる音楽で本当に面白いなと。
そう思う事が多々あったりします。

全ての要素があればいい、なければいい、っていうワケでないのも面白い所です。
親しいが故にブレてしまっているかもしれない。
親しくないが故に、意図を組み違えているかも知れない。

そういうところまで含めて、このfigの面白さだよなあと思ってます。
作ってるほうはたまったもんじゃないかもしれませんけど・・・
僕は、そのデザイン持って立っているサウンドクリエイター達が音楽から見えるのが嬉しくて。
それでこのシリーズがここ最近凄い特別になってきてる感じがします。

そんなfigも5作品目です。
この冬も宜しくお願い致します。
http://diverse.jp/

2018-11-26 22:46:42

記録

全員の分岐路、離れ離れになる2018年だったかもしれない。
選んだ仲間と皆歩んでいくが、それが吉か、それとも凶か。果たして。

2か月ぶりだーすげーーー。
この20年以上で一番更新空いたのかな。

おそらく、僕がインターネットで言いたいことっていうのがもうあんまりないのかもしれないな。
という感じがしてる気がしますが、別にへこんでるとかそういうことはなく、
最近は元気に毎日忙しくさせていただいております。

KCDJの休止や色々なイベントのオファーのお断りなどを9月にしてました。
「コンテンツ、余裕がないととても楽しめないな」と思い、
いくつかアンテナ貼るのやめて、自分の時間をとることにしました。
ゲーマーなんだから忙しくてもゲームしなさいよ的な時間を。

ゲームに対してきちんと向き合う時間をいままでやるやる詐欺だったのを、
マジでそう割り当てた、という感じですね。
その結果はまあ素直に良かったなと。いや、やっぱ物事楽しんでないと作ってるのも楽しくないよっていう・・・

人のこと気にしすぎるのもよくないよなというか、キャパ超えたんだなっていう実感がある最近でした。

20年前。
あの、暑い夏。
誰も居なかったロケテスト筐体。
このゲームに、この筐体に出会って、一心不乱にこのゲームや、それを取り巻く世界に夢中になっていたら、
こんな人生になってました。

2018/08/18,19に行われましたWARS.2018とPSSP2018は、
滞り無くそのイベントを終了しました。
楽しんでいただけましたでしょうか。
そうであったなら、主催として嬉しく思います。

大会中、忙しいながらではありますが、
その大会の光景を見ながら、昔の事を思い出してました。
主催の席から見える光景は観客の顔が見えるんですね。
大会をやってきた19年、問題があった大会も勿論あるのですが、
それでも、観客がプレイヤーを見る目については、
いつも良い顔してたな、と。
間違いなく楽しんでる顔してたなと。
少なくとも、それはこの19年間の、大会主催としての誉だと思っております。

メンタルな話で恐縮なんですが、
いつだってゲームを楽しんでいる奴がそのゲームで一番偉いんですよ。
一番そのゲームが上手いやつなんですよ。それが。
スコアやらなにやら、ランキングやらなにやら色々あるんですが、
本質的には「楽しんでるやつが一番上手い」ワケなんですよ。
だとしたらあの日もみんなめっちゃ「ゲームが上手い奴ばっかりだったな」って。
大会に限らず、この20年間、そんな連中ばかり見れてきたのは、
少なくとも幸せなことだったんじゃないのかな、と思っています。

そして20年目が通過点なのはまだ幸いです。
まだこのゲームで遊ぶことが出来るのですから。まだあのゲームは現役で動いています。
20年目にして、どんどんこのゲームは少なくなってきています。
これはゲームセンター自体の減少なので歯止めも難しいかと思います。

まだ「少ない」にはなってなく「少なくなっている」だと思っています。
現役の方は勿論、昔遊んでた人。
どうかもう一度、その少しだけ重い腰をあげて、あのゲームを遊んでみてください。
まだ「楽しい」と思うんですよアイツ。

思い出せるうちに。
まだ確認できるうちに。
あの曲と、あの矢印達と、遊んであげてください。
今だから、また笑顔で遊べると思うんです。
20年間、この場所に居た男からのお願いです。

この20年間に出会えた全てのプレイヤーに。
そして今大会の全ての参加者、全ての協力者に。

本当に有難うございました。
また、どこかで、笑顔でお会いしましょう。

これは音楽系の所に居た上で、もっと世界では色んな事が起きてるんだろうなという、
あくまで小さな世界から眺めてた人の感想なんですが、

東方が10年かかってやったことを、
初音ミクが5年でやって、
その後艦これが1年でやって、
vTuberが半年でやろうとしてる。

そんな感覚がしてるんです。
そしてその4つにあんま関係ないのでみんな凄えなあって思って見てるのが最近です。

8年前のあの1件から生き方は変わった気がするんだけど、
まさかここまで忙しくなるなんて誰も思ってないよ。
毎日起きたら「何やろう」って思っていた生活が「あれやらないと」になるとは、
全く思わなかったよね・・・

ソコに加えて人を抱える緊張感もセットで来ました。
37年雑に生きてきた不良債権だけど、とうとう年貢頑張って収めないとかなあと、
だましだましやってきた所がダメになってきてるので思ってます。

とうとう何かを捨てないといけないかな。

いやー捨てたくねえなあなんとかなんねえかなぁ~~~~~~

2018-04-01 01:10:16

4/1

年度の最後の日に、色々な物を見ました。

まだ始められそうな事はあるんだと思う気持ちで。
こっからやっていきましょうか。

そんな時代を我々は生きたし、それでもまだココに居るんだ。

2018-02-21 04:24:27

A man chooses, a slave obeys.

Bioshockのこの言葉は本当に自分に衝撃与えたんだなあと最近思ってます。
人の進化が顕著に極端になっていく今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

確定申告もある程度目処が立ちほっと一息です。
勿論色々やることはあるんですが現在は足元の確認作業をしております。

JAEPOやら何やらを見てきた感想としては、
いよいよ「見えなくなってきたな」という感じです。
今年、みんなどの方向に行くんでしょうね。空気的にはまとまっていたものの方向が色んな所に動き出した。
僕自身はやること変わらないんですけどちょいと不安です。珍しい。

ブレずにやることを選んだんだからそうしましょう、という話。
一枚板で果たしてどこまでいけっかな。

2018-01-24 02:50:30

あけまして24日

もう新年の挨拶にするにはあまりにも辛く厳しい。

そういうわけで年末年始、相変わらず色々ありましたが生きております。
とにかく12月~1月にかけての「6週間連続イベントラッシュ」はなんだったんでしょうね。アレ。
楽しかったけどね。楽しかったけどなんかすごかったね。
相も変わらず自分の時間の使い方が下手なんだなと思いながら。

さて、twitterとここは使い方をわけているんですが、
ココ最近、いよいよ持って死ぬがよい色々考える事と感じることがキャパオーバーになってきました。
自分がどう思われているかも大分考える部分ありますし。
なんだ、年齢に対して思われてる部分、そうじゃない部分がたくさん見えてきたというか。
そのあたりも自覚しないといけなくなってきたな、というか・・・
年齢に対して考えるタイミングは遅いかも、なんですけども。

年末年始に色々な経験させてもらいました。
それは延長線の物でもあり、新しいものでもあり。

僕を知っている人は、僕がこういうことを許してくれると思うんですが、
未だに僕はクリエイティブではない、と思っています。
クリエイティブと言うには余りにも直感で、浅いと思っています。

ですがその直感だけは多分誰にも解かんねえ感じで当たってんだろうなあとも、
経験で持っているので、せめてそれだけは大事にしとこうかなと思ってます。
でないと、自分の事を信じてやってくれてる人たちに申し訳がたたないというか。
「なんとかして、なんとかしてやりたい」って感じです。

さて。
今年、嫌なこと起きる直感は見えてます。
それは個人的にじゃなくて、僕らが居る世界での話なんですが。
その嫌な事が、どの辺の。どういうことなのかさておいて。

せめて、備えては起きたい、ですね。

今年も宜しくお願い致します。

Club SAGAWA 20th Anniversaryと、
TWO DECADE OF 5KEYSが2つあった週末でした。

まず、両方のイベント、またはどちらかのイベントにご来場頂いた皆様、
有難う御座いました。
僕は後者の大会には年末の諸事情により行けなかったのですが、
実況などを見る限り、非常に盛り上がったようで良かったなと。2017年だぞお前ら。
無事に終わったようで、本当に良かったです。

さて。2つだけ。説明ヘタなんでコレだけ記録しておきます。

・WEBの話
後日談としてまあ解っている人は居ると思うんですが。

http://gamersnest.com/clubsagawa20th/

この文章は僕の身の上話でした。
当時の師匠が池袋サントロペで動いたと言って、連れてってくれたんですよね。
そのきっかけなければ1プレイ200円のゲームを僕はやっていたか怪しいです。

あれから20年、未だにゲームセンターで鍵盤叩いたりパネル踏んだりしてます。
不思議なものです。

・Deep Clear Eyes / QUADRA
ヒロワタさんにオファーが通って、イベント3日前。
「どうしても、一番最後にかけてほしい曲があります」とお願いしたのが、
この曲でした。
あのイベントで、演者さんに「これをかけてください」と言ったのは、
僕がワガママを言ったのは、後にも先にもこの曲だけです。

ゲーム的にも楽曲的にも、そして僕があえてこの表現で言いますけど、
「ロング楽曲」でハマった、最初の曲でした。
というかこのシリーズの最初のロングってコレとdo you love meなんですけども。

当時、「2分尺はゲームの為に切られた曲尺なんですよ」なんて考えはなく、
ただ純粋に「長くてカッコイイ尺のDeep Clear Eyesがある!!!」って喜んでたんですよね。
無知って凄い。だからこそ色々吸収が早かったかもしれません。
当時からめちゃめちゃ聞いてました。

何時だか、夜中とかに散々聞いてましたね。
今でも結構、聞いてたりします。
thinkoverみたいなもんだったかもしれません。考え事でも良く聞いてた。

そして、当日。
写真アップ禁止と言っておきつつ、主催権限で申し訳ないのですが上げさせて下さい。
僕が見た、この曲の光景はこれでした。

人間単純なもので、当時に刻まれたぼんやりとしたイメージが都合よくこの時一致したのか。
泣いてましたよ。
かかった瞬間に、勝手に体が泣いてました。






これが見たかったのだと。
夢に描いた、光景だったのだと。
何も知らなかった自分が当時精一杯想像した、Club SAGAWAだったのだと。






もうその後曲のアウトロでヒロワタさんにワンワン泣きながら抱きついて御礼言うとか今で言う限界オタクしてました。
最後の口上もそのせいで泣きっぱなしでしたし。
泣く予定なかったんだけどなあ。

この瞬間しか見れなかった、もう早すぎても遅すぎても見れなかった。
「20年目の今だけ」見れた光景だと思います。


あのクラブから、色々な物を学びました。
今、僕は音楽レーベルを運営するような事になってます。




「そのジャンルを伝えるつもりで、全力で、やっていた-」




終演後のアーティストさんの言葉ですが、あの箱に影響を受けた人間として、受け継いで行きたいなと思ってます。

20年前にあなた達があの箱で音楽を流し始めてくれたから、今の僕達が居ます。
ありがとう、beatmania。

ありがとう。

2017-12-06 02:26:17

日付あいちゃったねえ

なんか漸く落ち着く感じがしてたりそうでなかったりです。

諸問題を解決するモチベが漸く出てきたので諸々やっていきます。

2017-10-12 02:40:39

近況

あんまりまとめて書いて居なかったので近況です。


Diverse Systemの事:
周りのクリエイティブの状況も鑑みて動いています。
現状、これこそやれることをやっていくだけ・・・かなと思いつつ。

派手にやるのは性に合ってないんだなと思うことが多いです。
解るやつだけでいいんだ。

ゲームの事:
音ゲーはDDRとIIDXを少し。
他PCゲーはDiablo3、Warframe、The Divisionを嗜む程度。
コンシューマーは現在FE無双やってます。

そこそこ一人の時間をとるようにしてるので充実していると言えるかもしれません。
ゲームぐらいは気負わずにゆっくりやりたい。

物事:
決めることが自分にとって多すぎで毎日オーバーヒートしてます。
自分の許容量の限界が弱すぎて死にたい。
こんなにメンタル弱かったかしらねえ・・・

自分の事:
相変わらず迷っているといえばそれまでですが迷ってます。
「今後どうしてえんだろうなあ自分の事は」という問題点です。

閉塞感がある感じがしてます。
旅行の回数は増やそうかなと思います。

自分探しの旅というよりは、何も知らなさすぎた。

どこに行くのか、どうしたいのか。
それだよなー。

「結論のみを説明して理解してもらう」っていうことは、
一般社会じゃ案外できないことなんだとはここ最近気がついたことで。
自分にとっては幸い周りに頭の回転が僕と同程度かそれ以上の人が多かったため、
結論のみで物事が回る事がほとんど、というか全てだったんだけど。

そうじゃないんだな、というのが少しずつ世界が広がってきて解ってきて、
そして自分が背負えない量になってきたのかな、というのも解ってきて。
ここ最近はなんでそうなったのか、という話をするように心掛けてます。

また、経験はさせるべき事、そうでない事でなぜそうでないのかの説明も。
相変わらず頭ごなしになっちゃうのは経験がたりないなー、とは思いつつなかなか治らない。
悪い結果も悪い経験じゃないよ。っていうね。
ただ人情として悪い結果にしたくないからなー、という。
最終的に落とし所が上手ければいいので、目先の利益に振り回されないようにしないと。

技術も知識もねえけど、直感の問題解決力は他より少しはあるだろう、
そう信じて人と話をする最近です。

2017-08-01 16:02:17

寂しさ

感情論で動いてないことに対して、
寂しさを感じることは人間として正しいが、
寂しさを解消しに行く行動は大抵物事にとって正しくないので
寂しいと感じるだけを大事にするとよいと思う。

技術が数字で見えやすくなっている時代ですが、
それよりも「その人に裏アカが存在していて、それが見えているかどうか」、
の方がめっちゃ問題だなあと思う昨今です。

「お前は仲間じゃない」と言われてるような物だからね、とは思う。
実際運用している方はそんなつもり一切ないのがなおさら問題で、
その輪に入れていない人がどう思うかも自由だし誤解しか生まないからね。

・メジャーレーベル
「日本レコード協会に属する法人団体」の事を示す
2016年で以下の団体が対象

日本コロムビア
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
キングレコード
テイチクエンタテインメント
ユニバーサル ミュージック
日本クラウン
徳間ジャパンコミュニケーションズ
ソニー・ミュージックエンタテインメント
ポニーキャニオン
ワーナーミュージック・ジャパン
バップ
ビーイング
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
ドリーミュージック・[3]
よしもとアール・アンド・シー
ランティス

・インディーズレーベル (インディーズ とは)
上記に属さない音楽活動を行っている法人団体
オタク文化に属さない音楽活動を行っている個人(?)
(そういう風に活動してる人を知らないけど多分いるんだろうなという感じ)

・同人 (同人 とは)
オタク文化に属する音楽活動を行っている法人団体(?)
個人

「インディーズと同人の違いってなんよ」という感じがあったので、
自分なりの結論を出すためにメモ。


6/29
幾つか誤解を招きそうだったので追記等して一部添削等。
wikiが正しいかどうかは知らんがなんだかんだいってしっくりくるね。

僕もついつい「解決させる」という方法をとりやすいので自戒もかねてるんですけども。

「解決しない」という解決方法もあったりするわけで、
その方法をとるのは、尤も、
「解決にむけたコストが余りに高い場合」
「ゴールが見えない場合」
「解決した先も見えない場合」
という場合がほとんどなわけで、まあ「無理だな」と思ったときに、
ずっとひっかかってたんですけど。

ひっかかってたのは「解決できなかった」という事についてなだけで、
「解決しない」という「解決をしていた」んだなぁという感じにふっと気づき。
「問題を解決する」ということに気が付いたら拘っていて、なんか忘れていたなあと。

まだ青い。

「与作さんイースやるとか意外っすね」
「言いたい気持ちはわかるんだけど俺イース全部やってんぞ」

という感じで今作PS Vitaの読み込み時間が我慢ならなかったという理由で、
PS4版待ってました、Ys8。
Vita版も悪くなかったんだけどせっかちな俺が悪かったんだ。すまない。
Ys7から7年ってすげーな。Ys9はYs8から8年になるのかなと考えたら次は2026年か・・・
おじいちゃんが加速するな・・・

置いといて。
ゲーム全体は僕としては楽しかった、というのが大きいですね。
2週目やれといわれたら時間あったらやるわ、程度。
難易度設定を途中で簡単にしたんですがそれでも32時間でした。
かかる人は60かかるってんでまあ結構なボリュームだと思います。

さて、感覚論でシステムの話。
僕はこの前にニーアオートマタやってるんですけど、
なんか「あっちがARPGのFFだったらこっちはARPGのDQ」みたいな感じでした。
なんかこう、触り心地というかなんというか。雰囲気というか。
システムがどうこうとかそういう感じじゃないんですが区分けするならそんな感じ。
どちらもアクション部分においては全然ストレスないんじゃないかと思います。

また、ストーリーの進行で村育てていくっていう所があるんですが、
これはもう少しなんとかなったんじゃ・・・?と思う処がありました。
育成的楽しみが少し薄い感じがしました。もう少しいろいろできると面白かったんだけどなあと。
(もしかしたらその辺りぶっとばしてもなんとかなる難易度調整だったのかもしれないけど)
もうちょい素材回りとか簡略化して色々できたんじゃないかなー・・・

ストーリーは完全に「あーーーーーーーーーーイースだなあーーーーーーーーーーーーー」って感じでした。
もう、なんかこう、安心感がある。
もうなんか「コナンがいるから殺人事件が起きる」ぐらいの鉄板ストーリーでした。
僕は好きです。アドルが漂着するから世界が滅びかけるとしても俺は好きです。
あと浜辺ガチ勢アドル君、今回も浜辺スタート、しかも最初は船の上からの浜コンボなので好感度が高いです。
これからも浜辺ガーディアンしてほしい。期待してます。浜を守れるのはお前しかいない。いやお前以外もいるわ。

曲の方もいつもっちゃいつも通りなんですけど、
この色はファルコムじゃないと出せないよなーという感じがするタイプでそちらも好印象。
いくつか刺さる曲があったのでサントラ買おうと思ってちょっと時間が経ってます。
RED LINEって前どっかできいた曲名だなっていうか映画のタイトルだよ。

久しぶりのYsは5日で一気にクリアする程度には楽しかったです。
ファンタジーだからご都合主義は許すタイプだ。それでいいんだ。

ブログタイトルでゲームタイトルわざわざひらがなにしてるのはやればわかる。わかってくれ。
ラクリモサだなーって感じだったんだよ。らくりもさだなー。

しかしまあなんか浜辺の話しかしてなくないかこれ。

和歌山のトコから大分話が抜けてました。

心斎橋のTANO*Cから和歌山へ。
ここから一人行動なんだけど、既に「うわー1日に特急3本乗ってるよすげー!リッチだ!」
とかよくわからないテンションになってる36歳。
どんだけそういう事やってこなかったか解りますね、という感じもしつつ。

特急サザンで勝手に目的地になった和歌山に。

なんとなく「そういや地方の音クラって行かねえな」と思ったところもあり、
TANO*C同日の音芸屋に行ってみようなんていうのがきっかけでした。

1時間弱で和歌山。
降りた感想ごめんけど「なんもねえ!!!!!!!!!!!!!!!!11」でした。
駅前、練馬区の商店街より人いなかったぞ・・・・・・と思いながら、
商店街の方にふらふらといきつつ写真とりつつ目的地に。

到着したら店の前の喫煙所で、
TAKUROさん達がこちらをすごい顔で見たのが印象的っすね。
会場に入ってからいきなりタグつけてツイートしたわけなんですが、
まさか映像にツイート乗るタイプだと思わなくて、ちょっと一部の方の反応が面白かったです。
ありがとうございました。

イベント自体はバラエティ富んでるなーという印象が最初だったんですが、
まあ一番最後のおジャムさんが全部持ってったが本音でした。なんだあれ卑怯だ

打ち上げまでお邪魔させていただきWISEさんが偉い色々感激してしゃべってくれたんだけど、
こんなおっさんやで残念だったなっていう話をし続ける感じだったのと、
隣のお姉さんが出来上がってこっちに絡んできていたのが印象的でした。

k_mukoさんの車でTAKUROさんちまで送ってもらってその日は終了。
マイナス方面の話をいろいろした気がするがまあしゃあないという感じで。

次の日は宿泊した皆さんで蕎麦食べに行って食いすぎた後、
お別れしてそのまま僕は京都に。
(ここで段々体調が悪くなってくる)

京都ではD.A.N.C.Eやってたんで、
前日のあることもあったのでまあ見とくかってことでスワロウテイルに。
体調悪くなりすぎたんでみとわさんに初挨拶した後はそのまますぐ出ちゃったのが申し訳なく。

そのまま京都駅にたまたまいたさちるにあいさつした後、
新幹線にて帰宅してダウンしてました。
旅行らしい旅行はしてないんだけど、いつもより行動がめっちゃめちゃで楽しかったりした次第です。

そんな大阪和歌山京都三都物語でした。

これを機にどっか行く回数は増やしたいなあと思ったので、
暇な土日はふらふらするという事を増やしていきたいですね。
(というわけで下準備を始めている今日この頃です)

2017-05-29 01:38:21

足がその方向に向いた話

twitterでは散々に書いているのだけど記録ぐらいは・・・という感じで此方に所感を。

そういうわけで二日間、関西方面に行ってました。
最初の目的はTANO*C TOUR 2017 OSAKAを覗きに行くのに、
Norikenらと一緒に行こう、といった所から。

その後、同じ日取り近辺に幾つかイベントが重なってるな、という事に気づいて、
じゃあ折角だしTANO*Cのスタッフでもないから色々動いてみようかな、というトコになったのが前々日。
そこからそういう旅行にするのは人生初めてだなあという事で色々仕度をしておりました。

土曜日朝6時頃起床、というか寝たのは午前5時30分頃でした。
前日にひーたん達と諸々話ししてたら盛り上がってしまいそんなことに。仕方ないよね。

6時出発から、成田空港へ。
初めてスカイライナー使いましたがありゃ確かに快適だなあと。
途中で買ったカメラの性能を確かめたり。960FPSのスローすごいなと。
今度これで音ゲーの画面撮ろう。
成田でご飯(朝からリンガーハット)をキめて乗船。

成田から関西国際空港へ。Norikenと飛行機でずっと喋ってた気がする。
乗ってしまうとあっという間、というより人と話しているとあっという間だなあという感じがしました。

関西国際空港からはラピートでなんばへ。
1日に特急2つも使うし高い席のってしまったなあという謎の罪悪感にいつもならさいなまれるんですが、
今回はそういう旅行だと割り切って乗ってました。良い体験をした。
スーパーシートで席が全員縦1列なのホントに面白かった。

TANO*Cについたら列整理している乃中さんに「遅いよ~~~」と言われる。
ゴメンな。今回はスタッフじゃなかったんだよと思いつつ、
Alinut君が大変そうだったのでつい手を出したり。すいません。サガです。

一通り入場終わって、1番手NorikenのDJを見つつ、会場の皆にご挨拶したり、
撮影しまくってた赤さんと話をしたりして、会場を後に。
ここから初めての気まぐれ行動の一人旅がはじまったり。和歌山へ。

続きは明日また起きたら書きます。
—-
で、次の日になったんだけど色々あって書くのに暫くかかりますすいません。

1度「発売日に買っていて」「なんか疑問点を感じて返品をした」というゲームを、
セールで買い直す、という不思議な経路を辿ったゲームです。
ここではある程度のネタバレ上等で書くのでご容赦下さいませ。

武力持っちゃった系火星が地球とドッタンバッタン大騒ぎする話で、
案の定火星優勢でおっぱじまった戦争を巻き返して行きつつ、
お前・・・戦争って・・・リーダーって・・・大変だね・・・っていう感じのタイプの話でした。
出て来るキャラクター同士の会話のテンポがまあ速すぎるぐらいに速い、っていう印象もありました。

ストーリーの大幅なネタバレになっちゃう所は流石に避けますが、
子供向けじゃないTitanfall2感がありました。
というのも、熱血成分が殆ど無いからというのがあるんですが、
戦争って辛いんやでみたいなシーンが無情に進んでいく描写がかなりあったからです。
特に最後の方な。というか最後一気に行き過ぎやろあれ。

此処最近ゲーム業界結構悲しいストーリー増えてるなーという感じはしてたんですが、
CODシリーズで名誉とか栄光とかそういうのがなんかHalo Reachのノリで書かれてるのは珍しいタイプなんじゃないか、
と思いました。
それと、「まともに人間みたく話すアンドロイドには情が移る」というのも解った。イーサンいいぞ。イーサン。
あれ多分「アンドロイドのくせに」っていうバイアス働いてると思う。
人間キャラであれやったらそんなにグっとこない。

で、まあそんな感じでキャンペーンの方は楽しめたんですが、
CODにしちゃあやっぱり前回同様なんですが、
ゲームシステム側に不満が幾つか。

1・なんかエイムが合わない感じがする
合わない。
なんかこれシステムと俺の相性が悪いんじゃないかなー疑惑があるので、
風水でも考えるほうがいいんじゃないかぐらいの事は思いつつ、
その調整もしなかったんでずっとやりづらかったというか、
なんかこれGHOST辺りからずっとそうなんだけど俺が加齢と共にヘタになったのかとか思うレベル。
BFはもう少しスっと動くんだけど、なんだろう。

2・機械系無機物+機械系無機物で覆われてる装備=見辛い
コレも前作ぐらいからな気がする。
すっかり「サーマルあるほうが色々楽だ」に落ち着いてしまったキャンペーン。
色ついてるの撃てばいいから楽よね、とは思いつつも、
ここまで通常で見にくいもんだったっけ・・・?という疑問点がずっとつきまとったり。
ライトマシンガンにサーマルつけるゲームは此処最近のCODだけだと思う。

3・日本語フォント
頑張って(多分どうにもならないのだろうけど・・・)

以上、上2点については「俺が上手くなれば問題ないじゃないか」という問題なんですが、
どうしても爽快感にかける部分だったので棚に上げて書く。
で、それが結構ストレスだったので記録という感じで。
WWIIはそもそも装備が近代じゃないので見やすいかなー、と思いつつ、
1が問題になってくるのかしら、と思ってます。調整しろって話なんだけど。

3は、多分、なんか、うん、仕方ないのかなと。

総じては楽しめた気がします。うん。最後は軽く呆然とした。
スタッフロールの演出は退屈であるはずだけど大事なスタッフロールに置くには良かったんじゃないか、
そんな気がします。

ちなみに、COD:IW Remasterは持ってないです。
気が向いたら、かなあとは思いつつ再体験なんだよね。

2017-05-19 01:55:35

まあ弱音を吐くと

相手されない事に気づき出して大分疲れてます。
繰り返すが俺と遊んでくれる人は矢張りいないんだなと思う。

誰でも良いわけでもないからなあ。

感情的な部分が失せるから(厨二病みたいな意味じゃなくて)
あんまりよくないなー、というか良い方にも悪い方にも振れ幅へるよね、という。