インフォメーション

今年はイベントの数は削ろうと考えてます。

大阪側の勘違い系CDJ 10th Anniversaryでした。
今宿に帰ってきたところです。

様々な方々に来ていただけました。ありがとうございました。

10年やっていると、少なくとも一つだけ、時間をかけないとできないことがある、と解りました。

久しぶりだった人に「お帰り」といえることです。
10周年だからと来てくれた友人達は、変わらぬ笑顔で居てくれました。
そして「変わってないですね」と言ってくれるのです。

この変わっていない、というのはそれを目指していた僕にとってはそれはそれは嬉しいことで、
またそうやって友人たちが帰ってきても大丈夫な場所を提供できていたのだ、とそう思いました。

もう10年やっていることが少なくとも3つあります。
ゲームの大会運営。
Diverse System。
勘違い系CDJ。

すくなくとも3つとも、帰ってこれるような場所を提供しているつもりです。
どう見えているか、は人それぞれだとは思うのですが….

我々は、少なくとも自分は、この場所で皆さんの帰りを変わらず待っていようと思います。
自分がその場所を好きな限りはね。

いつもの場所で、いつも通りに、お待ちしております。

10周年、ありがとうございました。