インフォメーション

今年はイベントの数は削ろうと考えてます。

いや、この話はしておかないといけない、と思って。

RADIAL。
Diverse Systemが15周年の記念に、作ったものです。

僕が意図してか、そうでないかは今の僕にも解らず、
色んな人と色んな交流をしてきた結果、
今、有り難いことに支えていただいているのが、このDiverse Systemです。
此処については他人事なんでこう申し上げますが、
「まあ凄まじい人達が集まってくれている」と思っております。
改めて、この場で皆様に御礼申し上げます。

さて。RADIAL。
どういう理由で、どういう想いで作られたかお話しようと思います。

RADIALは元々、「15周年、何かやりたいね」という話が最初にあって、
元々あった企画では無かったりします。

2015年の5月ぐらいまで、実は何も動いてなくて。
「やりたいけど、思いつかないな」という状況がありました。

Diverse Systemには前述の通り、沢山の方々が関わって頂いております。
お陰さまで色んなジャンルの色んな作品が世に、
幸せな形で送り出すことが出来てきました。
彼ら優しいクリエイターのお陰で、幸せにやってこれている、と思っております。

そんなDiverse、15周年で2枚組3枚組の作品をドカっと出しても、
「こなしたよね」感が強く出ちゃうよね、それじゃあ何かつまらない。と思って。
「そんなんだったら出さないほうが潔くていいよなあ」と思っている日々が続いておりました。

そんな中。
本郷三丁目でうどん食いながら、
youtuber,youtuberみたいな事が最近多いなあと思いつつ、
ズルズルとうどん食ってたわけなんですが、
フっと頭のなかに、「ん?1年って何週間だ?」と思うことがあって。
「1週間に1曲ずつだったらDiverseに関わった大事な人達を、
ジャンルやカテゴリー毎にまとめることできないかな!?!?!?」って思ったんですね。

海外においては結構youtubeにPV出して、それで楽しんでもらって、配信買ってもらうっていう文化が結構根付いているのかな、と思っているのですが、
同人ではそうはいかない、と考えてさてどう差別化するか、と悩んだ結果。

「1週間ごとに1曲ずつ配信、入れ替え制。後にジャンルやカテゴリー毎に分けて5枚で出す」、
という事でした。

勿論この段階で、管理的には間違いなく死ぬし、拘束される時間も一気に増えるし、
毎週締め切りあるけどお前大丈夫かみたいな算段はありましたが、
残念ながら「ゴールが見えてしまった」というのがありまして。
此処で意地張らないでどこで張るんだ、みたいな所もあって。

その日の内に急にドタバタと動き始めたのが、RADIALです。
この時、タイトル決まってませんでした。

「まー5枚っしょ5枚、いけるいける。」
「今の人達と、折角だし昔の人達にも片っ端から声かけてみよう。」
「久しぶりに話もしたいし」

この、最初の気軽っぷり。いや、正直初動はこうあるべきだと思うんですが。

今思うと「お前、見積もり甘すぎる」って殴りたい。

次回はタイトルの話を。